CRSを考える!海外の居住用住所が必要になる

バンコクマンション情報

スイスや香港の銀行に口座を持っている方、CRSで大変なことになります。
CRSの用件を詳しく見てみると、外国の住所が記載されている口座を抽出して、その記載住所の国ごとに分別して、その国の税務署に口座情報を送るということです。

ここで重要なのは、国籍ではなく、この口座名義人の住所で分別するところです。

例えば、香港のHSBCに口座を持っている日本人であっても、その香港の口座の住所が香港であれば、日本の金融庁には送られないことになります。

香港の住所証明では、水道料金などを銀行に提出する必要があり、実際に20万円のアパートを借りて、水道料金を払うのは現実的ではありません。

住所証明で一番強いのが銀行が出す、英文の証明書などです。

さて、銀行口座を開いて、しかも、住所証明を出してくれて、さらには、OECD加盟国でない国があります。

2017年4月実践済です。各国の金融機関は相当厳しくなっています。

この窓もいつ閉まるか解りません。
早いうちにやっておくのが手です。

詳しくは、6月8日 海外投資の勉強会 CRSを考える会で皆で勉強しましょう
詳細は明日発表いたします。お楽しみに!

世界投資研究会では、CRSなどの情報交換会(お茶会)や勉強会を開催しております。
ご興味のある方は是非メールマガジンにご参加ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください