CRSを考える!海外のビザを取るという方法

タイビザ取得方法

海外の銀行から、居住地と納税地証明を出さないと口座を閉じて下さいという書類が、今全ての日本人の口座保有者に届いています。
銀行の責任逃れの面もあり、担当者はその書類にサインを欲しくて必死です。

ここにサインをした瞬間、あなたの口座情報は金融庁に筒抜けになります。

悪いことをしてないのに気持ち悪いですよね。

さて、居住地をかえるのがてっとり早い方法です。
居住地をかえるには、そこに住む前提ですからビザが必要になります。
シンガポールや香港のビジネスビザは既に窓が閉じられました。年齢にもよりますが、簡単にまだビザが可能なのは、フィリピン、マレーシアです。

さらに、タイでもビザが年齢にかかわらず買える方法があります。

金額にして650万円

高いか安いかはその人次第。
実は、この方法、中国人、パキスタン人、インド人などに今人気です。

→→詳しくは、6月8日 海外投資の勉強会 CRSを考える会で皆で勉強しましょう
世界投資研究会では、CRSなどの情報交換会(お茶会)や勉強会を開催しております。
ご興味のある方は是非メールマガジンにご参加ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください